本文へ移動
自然との共存 を生かす
 
「地球に優しい」ということは、いい木製品を選び、大切に使い続けること。
私たちの想い
時を刻む木の年輪。木を愛し、 木と暮らす肌に触れる心地よさ。 木は生きて、呼吸している。
時を刻む木の年輪。木を愛し、
木と暮らす肌に触れる心地よさ。
木は生きて、呼吸している。
 
木材はあらゆる原料の中で、人類が古くから用いてきた最も親しみ深い天然資源、木は人々に燃料を、道具を、食物を、そして住居を太古から提供してきました。しかし、最近では乱伐により森林が減少し危機的状況にあるとよく耳にします。
 
木材は、伐採し、製材するくらいで、ほぼ製品に近い状態になるため、燃料をあまり消費しないですみます。そして、大事なのは、木は、木材や木製品になった後でも、常に生き続け、再生可能で、自然分解し、更に耐久性にも優れています。何世紀もの間、大切に使われた家具などが、これを証明しています。だから、「地球に優しい」ということは、いい木製品を選び、大切に使い続けることなのだと思います。
 
お仕事紹介
その他
お問い合わせ
坂元木工工芸へのお問合わせはこちら
TOPへ戻る